足がむくんで悩んでいる人にお勧めなのがむくみ解消効果のあるソックスの着用です。足がむくんでだるくてつらかったと言う人でも、仕事のときに着用することで夕方になっても足がむくまず靴がラクに履ける状態をキープすることが出来ます。

下半身のむくみは病気を疑うことも必要です

むくみが起こるメカニズムとむくむ原因

むくみは細胞の間の細胞間液が溜まることで起こります。血液は心臓から送り出され体の血管へと流れますが、栄養や酸素が血液中の血しょう成分により運ばれます。血しょう成分が細胞間液になって細胞の間に入り栄養分などを細胞に届けます。細胞から排出された老廃物などを細胞間液が回収して再び血しょう成分となりリンパ管などを通って心臓に戻ります。血液やリンパの流れが何かの原因によって滞った時、細胞間液が細胞の間で滞ってしまい、この状態が浮腫となります。

下半身ダイエットはむくみの解消を考えます

下半身のむくみの原因には長時間同じ姿勢でいることが考えられます。

下半身むくみ解消方法、マッサージのツボ

長時間同じ姿勢でいると筋肉は血液を心臓に送り返す働きがありますが、この機能が働かなくなるため血流が滞り下半身がむくむのです。

下半身むくみ解消に効果的な漢方

足の筋肉は収縮することで血液を循環させますが、運動不足によって足の筋肉が衰えることでその機能が低下して水分が溜まりやすくなり、足先の毛細血管まで血液が円滑に流れなくなると冷え性や血行不良でむくんだり、骨盤の歪みで足に流れる血流やリンパを圧迫し足への血液やリンパ液の循環が悪くなります。さらに水分や塩分のとり過ぎ、ビタミンB1やカリウムやマグネシウムなどのミネラル、たんぱく質の不足もむくむ原因となるのです。

下半身むくみ解消と食べ物について

下半身がむくむ原因には病気の可能性もある

足がむくむ場合には、水分や塩分のとり過ぎや筋肉の衰えなどが原因として考えられますが、下半身がむくむ場合には病気のサインである可能性も考えられます。考えられることは下肢静脈瘤、肝臓の疾患、腎臓の疾患などです。下肢静脈瘤は静脈にある血流の逆流を防ぐ静脈弁が壊れ、血流が逆流し、血液が足に溜まることが原因で足がむくむことがあります。悪化すると肌が黒ずんだり、湿疹やかゆみを感じることもあります。

下半身のむくみはどうして起こるの?

肝臓で作られるものにアルブミンという成分があり、肝臓が弱っている時にはこの成分がうまく生成されないことがあります。動脈の水分が血管の外に出やすくなって静脈では血管に水分が戻りにくい状態となり浮腫を引き起こします。また、腎臓が何かの原因で弱っている場合、体の余分な水分を尿として排出することができず足がむくむ原因になります。
下半身がむくむ場合にはいくつか原因が考えられますが、病気である可能性も否定できません。マッサージで血行を良くしたり、長時間同じ姿勢をとらないようにしたり、水分を排出させる食べ物などを摂取しても改善されない場合には、病院を受診することも必要です。